ラシエスタ公式ブログ

自律神経系とアロマテラピー

2016年9月21日

夕方になると肌のかゆみと炎症が出ませんか?

朝は平気なのに、夕方になって疲れが出るころに肌にかゆみが出てくることはありませんか?

今日は、肌が乾燥したり炎症があってかゆみが出て困る!このかゆみストレスをどうにかしたい!とお悩みの方に、自律神経のお話とともに、その改善策をお伝えしたいと思います。

かゆみと炎症 女性イメージ

柏のアロマサロンラシエスタにも、そういうかゆみや炎症でお悩みの女性が多く来店します。

掻けばかゆみの範囲が広がり、最悪の状態に!

少しでも、かゆみと炎症に悩むみなさまのお役に立てれば幸いです。

なぜ、かゆみがでる!・・・それは自律神経の疲れです。

自律神経という言葉は聞いたことがあると思います。

交感神経と副交感神経のバランスの元、私たちの生体機能を操作している神経です。

寒暖差、湿気、気圧、様々に変わる外的環境から身を守るために頑張って働いてくれるのが自律神経。

 

なのに、私たちは、パソコンやスマホで目を疲れさせ、オーバーワークで体をいじめ抜いています。

そうして睡眠不足、ストレス食いによる過剰な栄養摂取。(しかも添加物だらけの!)

こうした状況の元、あなたの自律神経はとことん疲労してしまっています。

ハードワーク 女性

自律神経は、呼吸・発汗・心拍・栄養摂取・代謝など、生体に関わる全ての機能をコントロールしています。

臓器、皮膚、血管、汗腺などすべて自律神経の影響を受けているのです。

だから、朝は平気でも、夕方になってかゆみが出るというのは、自律神経が疲れてしまっているから。

*自律神経については、「自律神経とアロマテラピー」のブログもご覧ください。

かゆみは、自律神経のうち副交感神経が働きだす夕方以降に出やすい

交感神経が最大に働いているときは、脳内でかゆみを感じないけれど、副交感神経が働きだすと、かゆみとなって自律神経の疲れを私たちに知らせようとします。

人によっては、かゆみではなく痛みに出る場合もあります。

そういった場合は、「休め」の信号です。

それを休まずに放っておくと、そのかゆみは慢性化してしまいます。

 

私自身も、仕事がとてもハードだった日の夜には、かゆみが出ることがあります。

自律神経の疲れの根本的原因のストレスや疲れをケアしないことには、このかゆみを根本から改善することは難しい。

かゆみや炎症を抑える薬を使えば、その時はかゆみがなくなりますが、薬を切らすとまたかゆみが出てくるの繰り返しとなります。

 

薬をつけただけではいけません!体を休めることをしなくては改善に向かわないのです。

薬はかゆみを止める上で使用するのは、良いことです。

我慢してしまうと、掻いてしまい炎症の範囲が広がっていくからです。

薬を上手に利用しながら体を休めましょう。

自律神経の疲れをとるには、アロママッサージがおすすめ

アロママッサージといえば、リラクゼーション。

心身を芯から休め、リラクゼーションすることは、自律神経がとても喜ぶことです。

自律神経の疲れを取り去りますと、交感神経と副交感神経が調子よく働いてくれます。

アロマテラピー

体の疲れをとることが、自律神経の疲れをとることなので、疲れ除去をすればよいのですが、

特に、自律神経の疲れをとるのにおすすめのアロママッサージは、カモミールやラベンダーをブレンドしたオイルで行うアロママッサージ。

カモミールもラベンダーも自律神経調整作用があります。

とりわけ、カモミールは、炎症を起こしたすべての皮膚に有効で、乾燥してかゆみがある肌に用います。

そして、ベールのキャリアオイルには、栄養価が高く刺激が少なく、乾燥肌に有効なセサミを用います。

アトピーなどの慢性の炎症をお持ちでしたら、セントジョン油を混ぜるとなお良いでしょう。

炎症にオイルをつけるのって心配なのですが、、、

炎症を持つ肌やかゆみのある肌にオイルをつけることが不安な人もいらっしゃいますよね。

合わなかったらどうしよう、、、

アロママッサージは、濃度の濃い精油成分を使用します。

薬などで炎症を抑えてきた肌ですと、一度一気に炎症が酷くなるケースもございます。

人によってですが、心配な方は精油は使わずにキャリアオイルのみでマッサージをすることも出来ます。

リフレクソロジー

このような心配の方には、リフレクソロジーも役立ちます。

リフレクソロジーは、足の疲れをとることはもちろん、体全体の活性化を促します。

自律神経の疲れは、体の筋肉の疲れやストレス、それによる内臓の疲れが原因となりますので、リフレクソロジー(足裏療法)も有効です。

 

かゆみや炎症が酷いときには、病院で受診をしながら、アロママッサージやリフレクソロジーを併用する

かゆみや炎症を放っておくと、前述したようにかゆみ炎症の範囲が広がりひどくなってしまうこともあります。

病院で受診して、適切なケアをしながら、自律神経の疲れをとるアロママッサージやリフレクソロジーを併用すると、だんだんとかゆみのストレスが減ってくると思います。

かゆみ自体もストレスとなる大きな原因ですから、炎症を抑える病院でのケアも一緒に行うことをお勧めします。

アロマハンドマッサージ

まとめ:夕方になるとかゆみが出るのは、自律神経の疲れ

アロママッサージや、リフレクソロジーで疲れやストレスをケアすることが、症状改善につながります。

疲れやストレスをため込まない!!

それが一番有効なのです。(白鳥)

 

 

アロマサロンラシエスタでは、かゆみや炎症のケアだけに注目せずに、皆様の自律神経の疲れ度合いもチェックして、精油を選んだり、マッサージを施したりします。

炎症が酷くて心配な方は、リフレクソロジーから。

お客様の状態に合わせて、マッサージ前にカウンセリングをします。

*ラシエスタの「おすすめアロママッサージプラン」も是非ご覧ください!

 

ラシエスタのアロママッサージの流れはこちらをご覧ください。

トリートメントの流れ

アロマサロンラシエスタの特徴

100種類以上もある精油の中から、あなたのためにブレンディングしたアロマで癒されたいと思いませんか?

または、出来合いのアロマオイルでは満足できなくなっていませんか?

アロマテラピーは、個人個人の精神状態や体の状態をセラピストが把握して、お一人お一人処方するものです。

アロマサロンラシエスタは、お客様の心と体の声を聴き分ける訓練を受けたセラピストがトリートメントいたします。

アロマトリートメント予約状況を見る

(おすすめの記事)

・ストレスによる自律神経の乱れは女性に多い理由。女性ホルモンとのつながり。

・ご紹介。アロマトリートメントでストレスによる自律神経の乱れを整える方法。

・アロマセラピストなりたい人が知っておくべきこと

・喰いしばりをほぐして優しい顔を作るアロママッサージをご紹介

・アロマテラピーで過食をストップできる理由

・肌のきめが細かくなるアロマ処方教えます。

・おすすめアロママッサージプラン

 

検索
月別記事一覧
おすすめアロママッサージプラン

体験レッスン&スクール説明会実施中!

ブライダルアロマセラピー(お試しコースもあります)

ご予約承ります。完全予約制・女性専用(Web申し込みで24時間受付)

こんな方へおすすめアロマ
お客様の声
ラシエスタについて

アロマセラピー・アロマスクール『ラシエスタ』写真

アロマセラピー・アロマスクールの 【ラシエスタ】
運営会社:有限会社プラナ
〒277-0852
千葉県柏市旭町2-1-11-A
TEL:04-7142-8369
MAIL:メールはこちらから
営業時間:10:00~22:00
定休日:火曜日
駐車場:完備・要予約

サロン案内・アクセス

ラシエスタ公式ブログ

ラシエスタ公式フェイスブック

取り扱い商品のご案内

アロマセラピーセミナー主催者募集!

 

ページの先頭へ戻る